やっぱり最後は「絶対合格への強い想い」

 行政書士通信講座を継続してこなしていく上で、テクニックとしてはいくつもあるかもしれませんが、最終的には「絶対合格するぞ」という強い気持ちが最も重要であるということは言うまでもありません。
どんなに良い教材に出会ったとしても、「合格したい」と思えなければ熱心に取り組むことは出来ないでしょう。
また、つまずいたり遅れたり等、学習の状況が思わしくない場合にも、合格への気持ちが薄ければそのまま学習は頓挫してしまうでしょうが、一方で、気持ちさえ強ければ何とか挽回していけるもの。これは私自身もそうでしたが、やはりどんな受験生にも共通して言えることのようです。
行政書士試験のような難関国家資格では、年に何度か模擬試験があります。ここで思うような結果を出せなかったとしても、「合格するぞ」と強く思っていれば、意外と試験日にはすごい力を発揮する場合もあるんですよね。
よって、行政書士通信講座で着実に合格を目指せるかどうかは、気持ちによる部分が非常に大きいと言えるのです。

 しかしながら、長い受験生活の中では、どうしても気持ちのアップダウンに悩まされる場面もあるでしょう。
人間、多少なりとも「心」に左右される生き物ですから、どんな人にも必ず一度や二度、スランプが感じられたり、勉強が辛くなったりといったことは起こり得るものです。
そんな時には今一度、「自分がなぜ行政書士資格を取得したいと思ったのか」を振り返ってみると良いでしょう。受験を決意した理由は人によって様々だと思いますが、この部分の気持ちが強ければ強いほど、「やっぱり頑張らなければならない」「やろう!」と前向きな気持ちが戻ってくるはずです。
気持ちさえ戻れば、多少の遅れなどすぐに挽回することが出来ます。行政書士通信講座に最後まで取り組み、無事に本試験日を迎えるその日まで、とにかく「気持ちのコントロール」には気を配っていきたいところですね!


 行政書士試験対策として通信講座を受講する受験生の大半は、日々忙しく過ごされている方だと思います。予備校に通う時間がないから、「好きな時に取り組める通信講座を」ということで講座の活用を検討されるのでしょうが、この点が試験対策上、深刻な落とし穴となり得ることは言うまでもありません。

 「都合の良い時間にやろう」、そう考えていると、何事もつい後回しになりがちです。皆さんにも経験はないでしょうか?
行政書士試験対策の通信講座に限らず、例えば部屋の片付けやダイエットなどがその典型ですが、「やろう」と思っていても具体的にいつやるのかを決めておかなければ、結局やらずに月日はどんどん過ぎていくものです。
行政書士試験対策としてせっかく通信講座を受講しても、当然のことながらそれをこなしていかなければ何の意味もありません。そして、教材を確実にこなしていくためには「都合の良い時間に」ではダメで、やはり日々の計画が大切なのです。

 教材にしっかり取り組んでいこうと思えば、「毎日この時間に学習に取り組む」という決まりを自分の生活の中に徹底させていくことです。
「決まった時間が確保しづらいから、行政書士試験対策として通信講座を選んだのに」と思われる方もいるかもしれませんが、それでも大まかには決めておかなければ、結局やらずに終わってしまうのではないでしょうか。
もちろん、必ずしも「○時に」という決め方でなくても良いと思います。「朝は○時に起床してそれから」、「就寝前に」といった感じでざっくりと学習に取り組む目安を決めておけば、自然とその時間帯に試験対策に意識が向くのではないでしょうか。
毎日決まった時間帯に講座に取り組むことが習慣化するのが望ましいですが、まずは「やらなければ」「やろう」と意識できることが第一歩なのではないかと感じます。

 自由度の高さが魅力の行政書士通信講座ですが、その分、自分で自分を律する力が求められます。気持ちを引き締めてがんばりましょう。


 行政書士試験対策の通信講座を受講したものの、途中で勉強を続けられなくなってしまったという苦い過去をお持ちの方は、意外にもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
私の身の回りにも、何人か思い浮かぶ顔があります。私が行政書士試験に通信講座で合格したことを知り、「私にもできるかも!」ということで真似をしてみたものの、どうやら本試験日まで頑張り続けることが出来なかったとのこと。
行政書士試験対策に限らず、どんな通信講座でも同様のことが言えるのかもしれませんが、通信講座って気軽に始められる一方で、挫折しやすいんですよね。

 ここからは、行政書士試験に通信講座で合格した私から、これから通信の受講をお考えの方に向けてのアドバイスになりますが、第一に言えるのが「くれぐれも勉強をやり過ぎないこと」です。
こんな風に言えば、「合格を目指して一生懸命勉強することのどこが悪いのか」と言われてしまいそうですが、これはあくまで「特定の日にやり過ぎないこと」と意味します。
例えば、講座受講開始の当初はまだまだやる気満々で、「よ~し、ガッツリやるぞ」という意気込みだけでひたすらに量をこなしてしまう方もいらっしゃると思います。
この場合、当然のことながら徐々に疲れてきてしまいます。疲労が蓄積されれば、次第に「もう勉強したくない」と思いつめたり、「最初にしっかり頑張ったんだから少しくらいサボったっていいよね」と勉強をおろそかにし出したり、といった事態に陥るでしょう。
いずれのケースにおいても、本試験日まで計画的に学習を継続させることが不可能になってきてしまうのです。

 行政書士試験対策にしろ何にしろ、通信講座はコツコツと計画的に取り組んでいくことが大切です。
手元に教材が揃っていると、つい早く終わらせたくなってしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、それではただこなすだけであり、知識は定着しません。むしろ、一時期に勉強をし過ぎることで、本試験日前にすっかり疲弊してしまうことにもつながりかねないのです。

 日々の取り組みの目安は講座によってまちまちでしょうが、目安としては「もう少しやりたいな」程度にとどめることです。「もう少し」の気持ちが明日の学習への意欲につながり、結果的に資格対策を長続きさせるポイントになることでしょう。この点、心にとめておかれると役に立つことと思います。


最近では、行政書士試験はすっかり人気の国家資格となり、その対策用通信教育はその数をぐんと増しています。講座数が増えること自体は、受講生にとってはむしろ追い風とも言えますが、一方で「本当に良い行政書士通信教育が見つけにくくなる」という弊害も起こりえます。
選択の幅が広がることで、逆に「選択が難しくなる」こともあるからです。

それでは、受講生は一体どんな観点から優良な行政書士通信教育を選ぶべきなのでしょうか?

 第一に見極めるべき点は、「教材にムダがないかどうか」です。
行政書士通信教育の場合、中にはこなすべき学習量がかなり膨大なものというのもあります。
もちろん、それらすべてをこなし切れれば言うことはないのですが、働きながら資格取得を目指す場合には「あれもこれも」ではなかなか難しいかもしれません。

ありがちなのは、「ボリュームが多すぎてすべてをこなせなかった」「試験出題レベル以上のことまで網羅されていて、かえって重要ポイントが見えにくくなってしまった」というケース。これでは、合格を目指す上では非効率であると言わざるを得ません。

よって、効率良く学習を進めていくためには、ある程度内容をコンパクトにまとめられた通信教育に注目する方が得策なのです。

 そしてもう一点、意外と盲点になりがちなのが「受講料と教材のバランスが適切かどうか」です。
ここは見極めの難しい点ですが、ひとつ例を挙げると、テレビなどで積極的に宣伝しているような会社の場合、当然のことながら皆さんが支払った受講料が広告費に回っている可能性は高いと言えるでしょう。
そういった通信教育に、果たして本当に信頼が置けるでしょうか?
少し考えてみれば、誰にでも分かることでしょう。

 以上、アナタを合格に導くか否かを左右する行政書士通信教育は、あらゆる観点から総合的に検討し、選ぶようにしましょう。
いざ始めてみてから「これじゃダメだった」とならないよう、自分の目で見て納得のいくものを受講できるのが理想ですね。


 行政書士試験に通信教育で挑戦する場合、どうしても「資格受験の取り組み方」「戦略」を知らずに、いきなり受験勉強をスタートさせてしまうケースが多々あります。
予備校通学であればガイダンス等がある場合がほとんどなのでしょうが(ないスクールもありますが)、通信教育の場合にはそういったステップを踏まない講座が目立つものです。
また、仮にそういったガイダンスがあったとしても簡易的なものだったり、受講生自身が意味を感じずにスキップしてしまったりということは珍しくありません。

 しかしながら、行政書士試験に合格するために第一に必要なのが、知識よりも何よりも「資格試験の戦い方を知ること」であると言っても過言ではありません。
限られた期間の中で膨大な試験範囲を学習しなければならない行政書士試験。通信教育であろうと予備校通学であろうと、まずは効率の良い学習法を知らなければ、たとえ充分インプットを行ったつもりでもそれらは的外れな知識かもしれません。
一方、知識量は限られていても試験で狙われやすい項目を効率良く押さえていたならば、ぐんと合格への可能性は高まります。

 よって、行政書士試験対策の通信教育を検討する際に注目しておきたいのは「知識だけでなく、受験勉強の方法論自体も明確に示してくれる講座かどうか」という点です。
私が受講したフォーサイトの行政書士通信教育には、『入門編』『戦略立案編』として学習の前段階にしっかりと指導があったので安心でした。
資格受験への挑戦は初めてでしたが、インプットに先立って心構えを作ることが出来たので心強かったですね。
私の経験からですが、受験勉強の基本をしっかり示してくれる講座というのはやはり好感が持てます。


行政書士試験対策の受験勉強中、おそらく多くの受験生が悩まされるであろう「法律の解釈」。
特に初めて法律を学ぶ方にとっては随所に壁が立ちはだかり、「え?これって何を意味しているの?」と疑問に思えてなかなか前に進めないこともしばしばだと思います。
私自身もありましたね、一度つまずいてしまうと一気にモチベーションが下がってしまったりするので厄介なんです。

行政書士試験に通信教育で挑戦する場合、その性質上、どうしても「自分でどんどん理解していけること」が求められます。もちろん、質問応対サービスなどを使って講師に疑問をぶつける、ということも出来ますが、毎回それではなかなかスムーズな学習とは言えませんよね。
だからこそ、「受験生自身で内容理解を深めることが出来る教材」という視点で講座選びを進めていかなければなりません。

 何かと難解な法の理解が求められる行政書士試験対策として、通信教育を選ぶ際にはぜひ「図表やイラストで分かりやすく解説されているか」に注目してみて下さい。
文字だけではどうしても解釈できないことであっても、視覚的に説明されれば分かることはたくさんあります。法律の場合、受験勉強の段階から条文を崩して覚えてしまうと実際の試験で苦労することもあるのです。しかしながら、「条文はそのままに、図表やイラストで補足」というスタイルをとることで、すっきりと理解できますし条文特有の言い回しにも慣れることが出来るというわけです。

 行政書士試験対策の通信教育を見てみると、最近では図表やイラストを駆使したテキストはいくつもあるようです。
ただ、どの程度視覚化されているか、そして見せ方にはそれぞれ特徴がありますから、やはり「これ!」と思えるものを自分の目で探してみるのが良いでしょう。
概ね、公式HPでの公開や無料サンプルの提供などで教材を閲覧することが出来ますから、ぜひいくつか比較して、「分かりやすいかどうか」をチェックしてみて下さい。


書店などで行政書士試験対策のテキストを見て、
「うわ、文字ばっかり!」
「覚えること多過ぎ!」

と、一度燃え上がった資格取得への気持ちがすっかり萎えてしまった経験のある方も
珍しくないと思います。
とにかく分厚いテキストに細かく書き込まれた文字、そこに追い打ちをかけるのが「モノクロの重圧感」。これではどこを覚えるべきか分かりませんし、何より勉強したくなくなってしまいますよね・・・。

 行政書士通信教育を見ていても、やっぱり同様。白黒か、良くて2色刷りのテキストに細かい文字。いかにも「お勉強!」的な教材では勉強がイヤになって、途中で挫折してしまっても無理はありません。

 ここからは私の体験からなのですが、実際に受講したフォーサイトの行政書士通信教育のテキストが結構驚きだったので、ぜひ紹介させてください。

何がすごいかといえば、「全ページフルカラー展開」!
例えるなら「小学校の教科書」。鮮やかなページ展開に、テキストを開くたびに心躍るようでした。また、ただやみくもに色が使われているのではなくて、重要度別に整理されて色分けされているので、覚えるべき点とそうでない点が明確になっているのが良かったですね。
また、問題を解く際や本試験当日、思い出したい事柄がページごと頭に浮かぶなど、「フルカラーテキストは記憶に残りやすい」といった実感もありました。
勉強しているときには無意識でも、しっかり視覚的にインプットされていたのだな、と嬉しくなりましたね。

 
私自身そうなのですが、フォーサイトの行政書士通信講座受講生の間でも「フルカラーテキストだからフォーサイトに決めた」という声も多いんだとか。
一度使ったら、もうモノクロテキストには戻れなくなると思います。


行政書士試験対策講座に限らず、「通信教育」というと一般的にどうしても
「テキストで学ぶ」といったイメージが強い傾向にあると思います。

初めて学ぶのに、やっぱりテキストだけでは不安だし・・・
講義を聴いた方が絶対に効率良く学べそう

そんな思いから、学習ツールを選ぶ段階で早々と通信教育を選択肢から外し、
多少お金や時間に無理をしてでも予備校通学にこだわる受験生も少なくありません。
ですが、結局のところ本試験日を迎えるまで通えなかったり、
追加受講でオススメされる特別講義にうんざりしてしまったり・・・等々、
予備校で学ぶのにも何かと問題が生じるケースはあるようですね。

毎日忙しい、金銭的に余裕がない・・・
そんな方にこそやっぱり、行政書士試験対策の通信教育を検討していただきたいと、
私自身の経験から強く感じます。

通信教育といえども、最近ではそのクオリティは格段に向上しています。
最も特筆すべきなのは、やはり「講義付のものが珍しくなくなった」ということでしょう。
通信教育でも、自宅での学びでも、専任講師による講義受講は当たり前。予備校に通うだけが全てではない。
そんな時代になってきているのです。
もちろん、昔ながらのテキスト学習がベースの講座も見かけますが、
講義をウリにする講座の選択肢はここ数年でぐんと広がっているように思います。

ちなみに、行政書士試験対策の通信教育を選ぶ際には、
ぜひ「通信教育を専門でやっているスクール」に注目されることをお勧めします。
通学メインの大手スクールの場合、通信用講義が教室講義をそのまま収録したものだったりするので、板書が見えにくくなっていたり、雑談が入ったり、単調な印象で眠気を誘うものだったり、というものが大半を占めます。

その点、通信専門校の講義はもともと通信受講生のためだけに収録されたものですから、画面の見せ方がずいぶんと違うんですね。
合格のための行政書士通信教育は、ただ単に「講義があれば良い」というのではなく、
「講義でどう効率よく学ばせるか」という観点から選ぶのが得策。
必ずいくつかを比較検討し、「これなら分かりやすい」
と納得できるものを選ぶようにしましょう!


No.1 合格に必要なことを効率良く!【通信教育「フォーサイト」】
テレビCMや広告などで一切宣伝していないのに、ネットのクチコミを中心にかなり話題になっているのが、通信教育「フォーサイト」の行政書士講座。
試験に出題されるポイントを、初学者でも効率良く学べるテキスト&DVD講義に定評があります。

<従来の半分以下のボリューム!コンパクト型テキスト>
合格に必要なエッセンスだけが抽出された、情報集約型テキスト。
「これだけを勉強すればOK」という目安がクリアになっており、取り組みやすさが人気の秘密です。
テキストはフルカラーでやる気UP、図表やイラストがふんだんに用いられているので、難解な制度や用語の理解もスムーズに進みます。

<プロの講義を何度でも!ハイビジョンDVD講義>
テキストの内容を効率良く学べるプロの講義は、ハイビジョンDVDで。
通信専用に収録・編集された迫力満点の高画質講義なら、飽きることなく最後まで集中して受講できる工夫が盛りだくさんです。
講義を担当するのは、行政書士試験を知り尽くした通信教育講座専任講師。熱心&丁寧な授業が展開されます。
⇒フォーサイトの詳しい詳細はコチラ


No.2 1単元15分!短期合格を目指す【通信教育「クレアール」】
とにかくスピーディに、効率良く合格したい受験生の間で人気の行政書士通信講座「クレアール」。「1単元15分」のインプット講義や、オリジナルの「3WAYテキスト」に特徴があります。

<テキスト・過去問・条文が1つにまとまった「3WAYテキスト」>
「識(し)る」「解く」「調べる」のステップがこの1冊でOK。
効率の良い資格学習を実現する、「クレアール」オリジナルの「3WAYテキスト」で、一気に合格力を養成します。
ページ展開は白黒、内容的には最低限の基礎力インプットに有効であると見受けられます。

<インプット講座は「1単元15分」。だから飽きない、続けられる>
「クレアール」の行政書士通信講座は、スキマ時間でも無理なく学べるコンパクト講義に特徴があります。
「従来の行政書士対策では長すぎで集中力が続かない」「まとまった時間がとれない」という方には理想的な講義ですね。
⇒クレアールの詳しい詳細はコチラ


No.3 一つひとつステップアップ!55段階学習プログラム【四谷学院】
大学受験でおなじみの「四谷学院」による行政書士通信講座。学習効率をUPさせ、学びやすい順番で知識を蓄積させる「55段階学習プログラム」と分かりやすさ抜群の「アニメDVD」が人気です。

<イラストを駆使した見やすさ重視のオリジナルテキスト>
1日わずか15~20分で学習可能な、「四谷学院」オリジナルの分かりやすいテキストで学びます。
ページ展開はフルカラー、イラストがふんだんに採用されているので、初学者でも抵抗なく学習に取り組むことが出来そうです。

<ポイントをしっかりつかめる「アニメDVD」>
従来の行政書士通信講座の場合、講師が一方的に講義を展開するスタイルが一般的。
しかしながら、「四谷学院」の行政書士通信講座DVDは、分かりやすいアニメ仕立てになっているのが特徴的です。
合格のポイントがぐんぐん頭に入っていきます!
⇒四谷学院の詳しい詳細はコチラ