今年も独学で頑張るぞ!

行政書士独学受験2年目も、「私なら独学でイケる」という思い込みはなくなることもなく、むしろ一層強固なものになっていました。

行政書士試験に独学で挑み、あと一歩のところで不合格となった1年目を経て、受験生活2年目にも予備校や通信教育などといったツールには一切目を向けず
いや、巷の行政書士試験対策講座が全く気にならなかったか、といえばウソになりますが、1年自分なりに行政書士独学対策を実践してみた感想として、

法律初学の昨年度であれだけ得点できたのだから、
今年こそは合格点に到達できるのではなかろうか。


という思いがあったのです。
以前、どこかのサイトで目にした「行政書士は独学で合格できる試験」というキャッチコピーはあながち間違いではないのかも、とも思っていました。
だって、行政書士関連の独学用参考書はたくさん書店に並んでいるし、現に1年目には私だってそれらを利用して結構いいところまでいけたのだから。
行政書士独学も、2年目になればもっとうまくやれるはず、そう思い込んでいたのです。
私と同じく、行政書士試験に独学で挑む人のブログや体験談などを読み漁っては共感したり、参考にしたりしていましたね。
今となってみれば、ほんの気休めに過ぎなかったような気もしますが・・・

そんなわけで、行政書士独学2年目がスタート。
初受験後、ちょっぴり勉強に疲れてしまっていたので、だいぶゆっくりめの3月からの勉強開始となりました。
やる気満々、これまでの経験を経て勉強法も自分の中で何となく形になりつつあるし、2回目こそは合格を勝ち取るぞ!と意気込みは十分。

昨年度の反省を活かし、まずは教材を吟味するところからスタートです。
行政書士独学受験2年目も、意気揚々と幕を開けました。