意外?記念受験の結果は「もうひと息」

行政書士本試験に向け独学で頑張って約10ヶ月、とうとう試験当日がやってきました。
行政書士初受験、その上独学ということもあり、半ば「記念受験」的なノリでわりとリラックスして受けてきたわけですが、やはり「難しかった~」という感想が真っ先に浮かびました。

一応ひと通りの条文には目を通し、自分なりに理解をして臨んだつもりだったのですが、 いざ問題として出題されると「あれ?こんな内容あったっけ?」という状態に。
緊張も手伝ってか思考回路もうまく働いていないような感じで、あれよあれよという間にタイムオーバーになってしまいました。
とにかく時間が足りなかった!一応全てのマークシートを塗りつぶしてきたものの、最後の方は本当に適当になってしまいました。
それもそのはず、振り返ってみれば、普段の勉強の中で時間を意識した問題演習などしてきませんでした
これも、行政書士独学対策ならではの落とし穴でしょうね。
模試の類もひとつも受験しなかったのですから。

このように、合格発表を前にして既に不合格を確信した初受験でしたが、蓋をあけてみてビックリ!
なんと、合格点までわずか8点足らずという、意外な結果でした。
択一式問題の配点が1問4点ですから、あと2問正しければ合格できたということです。
何だ、結構戦えてたんじゃないの!と、結果的に不合格には変わらないにも関わらず、どこか満足げな気分でした。

「行政書士、独学でももう1年頑張れば合格できる」と妙な自信も沸き、独学2年目へと突入するのでした。
行政書士試験ではボーダーライン上で涙を流す人が本当に多く、そこから合格ラインに到達することこそに難しさがあるということには、このとき気付く余地もなかった私。
行政書士長期受験生へのステップを踏み出すこととなってしまったのです。