やっぱり最後は「絶対合格への強い想い」

 行政書士通信講座を継続してこなしていく上で、テクニックとしてはいくつもあるかもしれませんが、最終的には「絶対合格するぞ」という強い気持ちが最も重要であるということは言うまでもありません。
どんなに良い教材に出会ったとしても、「合格したい」と思えなければ熱心に取り組むことは出来ないでしょう。
また、つまずいたり遅れたり等、学習の状況が思わしくない場合にも、合格への気持ちが薄ければそのまま学習は頓挫してしまうでしょうが、一方で、気持ちさえ強ければ何とか挽回していけるもの。これは私自身もそうでしたが、やはりどんな受験生にも共通して言えることのようです。
行政書士試験のような難関国家資格では、年に何度か模擬試験があります。ここで思うような結果を出せなかったとしても、「合格するぞ」と強く思っていれば、意外と試験日にはすごい力を発揮する場合もあるんですよね。
よって、行政書士通信講座で着実に合格を目指せるかどうかは、気持ちによる部分が非常に大きいと言えるのです。

 しかしながら、長い受験生活の中では、どうしても気持ちのアップダウンに悩まされる場面もあるでしょう。
人間、多少なりとも「心」に左右される生き物ですから、どんな人にも必ず一度や二度、スランプが感じられたり、勉強が辛くなったりといったことは起こり得るものです。
そんな時には今一度、「自分がなぜ行政書士資格を取得したいと思ったのか」を振り返ってみると良いでしょう。受験を決意した理由は人によって様々だと思いますが、この部分の気持ちが強ければ強いほど、「やっぱり頑張らなければならない」「やろう!」と前向きな気持ちが戻ってくるはずです。
気持ちさえ戻れば、多少の遅れなどすぐに挽回することが出来ます。行政書士通信講座に最後まで取り組み、無事に本試験日を迎えるその日まで、とにかく「気持ちのコントロール」には気を配っていきたいところですね!