行政書士って儲かるの?年収データ

ところで、行政書士を仕事として考える上では、やはり気になるのが「収入」ではないでしょうか。
行政書士の仕事はどんなにやりがいがあっても、生活出来るほどの年収が確保できなければ、生涯の仕事として選択するのは難しいでしょう。また、せっかく勉強して資格を取得するのであれば、やはり行政書士として高額年収を稼ぎだしたいところですよね。
しかしながら、現状「行政書士の年収と言われてもどうもピンとこない」という方が大半なのではないかと思います。

行政書士登録者を対象にしたアンケートによると、行政書士の平均年収はおよそ「600万円」であるとのデータが発表されています。
一般的なサラリーマンの平均よりも若干高め、しかも独立開業して自由にやれることを鑑みれば、なかなか魅力的な数字であると感じられるのではないでしょうか。

ですが、一点注意しなければならないのは「すべての行政書士が600万円前後の年収を稼げているわけではない」ということです。さほど収入は気にせず、のんびりマイペースに行政書士の仕事をされている方はいますし、一方では第一線でバリバリ実務をこなしている方だっています。
人それぞれ働き方が違う以上は、平均などあってないようなもの。結論としては、「自分の働き方次第で年収は大きく上下する」というのが正しい認識であると言えます。

ネットなどでは「食えない」「儲からない」と酷評される行政書士ですが、アイディアややり方次第ではしっかり生業として成立する仕事です。現に、年収1,000万円越えの事務所だって珍しくはありません。
行政書士としてアナタがやるかやらないか、それによって年収は良くも悪くも変化するのです。