通信教育120%活用法

暇さえあれば講義を聞いて、不安解消!

「不安な箇所はとにかく反復」
これは行政書士独学時代から心がけていたことですが、通信教育の教材があったことでより一層スムーズに勉強が進んだと思います。
耳で聞いて、目でも情報を得られる講義DVDの存在は、私の合格には不可欠な存在でした。
これはフォーサイトに限ったことではなく、映像授業を提供している通信教育講座全般に言えることでしょう。

行政書士試験に独学で挑んでいた頃には、テキストといえば書籍しかありませんので、どうしても目で文字を追う作業がメインになってしまいます。
しかしながら、講義DVDがあると、話の抑揚や先生の表情などからもポイントを掴むことが出来るので、要点をおさえやすいというメリットがありました。
教材は何度も反復して見ることが出来るので、少々理解しにくい箇所にもしっかりと対応することが出来ました。

分からない箇所は質問サービスを活用!

通信教育の場合、分からないところを講師に質問できるのが魅力です。
これって、行政書士独学と通信教育の一番の違いであると言えます。
勉強していれば、あれこれ疑問が生じるのは当然のこと。
独学の場合、自分で参考書を調べて確認しなければなりませんが、通信教育を受講していればプロの講師にすぐに質問できます
最近では、ほとんどの行政書士講座にこうした質問サービスがついているようです。

学習計画のお悩みも解決!

行政書士試験に独学で挑戦していた頃、常に「自分のやり方が正しいのか」「軌道修正するべきなのでは?」という不安に駆られていました。
受講を始めてからはこうした不安感はある程度軽減されたものの、時には「ペースが遅いのでは?」などと心配になることもありました。
そんな時は、スタッフの方に気軽に相談して都度すっきりとさせていました。
人に相談できる場所があるというだけで安心ですし、何より具体的な解決につながったように思います。
通信講座の受講生は、迷いが生じた時にも安心です

通信講座を受講した4年目は、行政書士独学の頃と違い、自分を信じて前向き学習に取り組むことが出来ました。
皆さんも、使えるサービスはフル活用して、合格を勝ち取ってください!