これだ!自分に合った学習スタイル

行政書士独学を改め、予備校を検討するも難航・・・。
そんな中、出会ったのが「通信教育」という選択肢でした。
予備校のデメリットである“時間的拘束”と”費用の高さ”をクリアし、同時にこれまでの行政書士独学で悩んでいた“効率の悪さ”をしっかりと解消してくれる存在。
通信教育は、私にとってはまさに理想的な勉強法でした。

行政書士関連の通信教育といえば巷にいくつもありますが、そんな中でも私が選んだ教材は「フォーサイト」でした。
他にはLECの教材も選択肢にあったのですが、財政的に厳しく断念・・・。
「フォーサイト」といえば、実は行政書士試験に独学で挑戦していた時から少し気になっていた通信教育だったので、すぐに受講を決めました。

本来であれば、何としても行政書士試験に独学で合格したかったのですが、やはり私には難しかったようです。
教材の選定から始まり、学習の進め方、問題の解き方・・・。
これまで何から何まで自己流でしたから、いつも不安でした。
しかしながら、4年目は行政書士独学時代の妙な不安感に教われることもなく、腰を据えて勉強に向かうことが出来たのではないかな、と思っています。
もちろん、「通信教育を受講しているんだから大丈夫」と過信してはいけませんが、それでも安心感という要素は精神的な面で大きな支えになりました。

通信の行政書士講座を検討する際には、独学時同様、「良いもの」「自分に合ったもの」を選ぶ難しさがあります。
それぞれ異なる特色と受講料が提示されていますから、自分の予算と教材の内容を照らし合わせながら、最も信頼できるものを探してみると良いでしょう。
「何を選んだら良いか分からない」という方には、周囲の受験生やネットのクチコミなども、結構参考になると思いますよ!