独学受験の難しさを悟る

行政書士試験に独学で挑戦するも、私は3回も不合格という結果になってしまいました。
この3年間、自分なりにしっかりと勉強してきたつもりではあったのですが、言ってみればそれらは「独りよがりの対策」
自分では「完璧」と思っていても、資格試験の対策としてはどこかずれたものだったのでしょう

「行政書士は独学で十分」
ネット上でよく目にするフレーズですが、これが当てはまる人もいる一方で、私のようにまんまと独学のワナにはまってしまう人も少なからずいるのではないかと思います。
行政書士試験はみんなが独学で合格するような甘いものではない。
これは、3年間の受験勉強を経た今、確実に言えることです。

行政書士独学の落とし穴については、既に受験後の感想の中で述べています。
結局は独りよがりの対策に過ぎず、「必要な知識に穴がある」「知識にムラがある」「実力を客観視する機会に乏しく、根拠のない自信が生まれやすい」「モチベーションが続かない」「インプットとアウトプットのバランスがとれていない」・・・などなど、様々な問題点があります。
もちろん、行政書士試験といえども独学で効率良く合格できる人はいるわけですが、多くの独学受験生は今挙げたようなワナにはまってしまい、何年もの時間を費やしています。

というわけで、行政書士独学3年間の反省を活かし、4年目からは積極的に予備校や通信教育の活用をしていこうと心に決めた私。
これですんなり合格できたら「今までの行政書士独学に費やした3年間はなんだったの?」という感じですが、それでも独自路線の期間があったからこそ今があるというものです。
日々前向きに、行政書士合格に向けて進んでいくことを決めた瞬間でした。