3度目受験もやっぱり・・・

「3度目の正直!」
昔からそんな諺もあるくらいですから、とにかく今回こそは違った展開が待っている。
行政書士試験独学3度目の挑戦はすごく気合が入っていたにもかかわらず、またまた「不合格」でした。
しかも、得点としては初受験時の“合格点マイナス8点”と同じ。
法律初学者が手探りのまま行政書士独学初受験をした時と、3年間しっかり勉強した時とで同じ得点なんて、本当に信じられません。
身の回りの人も、きっと同じことを思ったでしょう。
「3年やっても伸びないんじゃ、この人には一生難しいのでは?」と、誰もが思っていたに違いありません(少々被害妄想気味ですね・・・)。

なぜ、3年目にもなるのに得点が伸び悩むのか。
そこには、やはり行政書士独学ならではのワナがありました。
これは2度目の受験の記事でも触れたことですが、範囲の膨大な行政書士試験に独学で挑戦した場合、どうしても必要な知識を習得しきれていないケースが多々あります。
確かにテキストなどには載っているけれども、実際には覚えきれていない事項が多いのです。
予備校や通信教育の場合、こうした曖昧になりがちな知識を定期的に問題に盛り込んでくれたりするのですが、独学教材はそうではありません。
十分な時間を費やしているにもかかわらず効率が悪い、これこそが行政書士独学受験のデメリットであり、危険な落とし穴であるというわけです。

さすがに3年目ともなると“行政書士独学=自己流=危険”ということに気がつき、
「今の自分のやり方ではずっと合格できない!」と焦りだします。
そして、受験勉強をスタートして初めて、予備校や通信教育といった方法にも目を向けることになりました。
もはや変な意地は捨て、確実に合格に導いてくれるものにはちゃんと頼ろうと思い直します。

行政書士試験、巷で言われているほど甘いものではありませんでした・・・。