仕事と勉強、バランスに悩む

行政書士独学を始めて3年目、徐々に「勉強と仕事の両立」に悩むようになってきました。
当時の私の仕事は一般的な事務職。
営業職などに比べれば、比較的定時で帰宅することの出来る職種だったのですが、それでも時期によっては繁忙期もありますし、そんな時には勉強が滞ってしまいます。
一昨年、昨年は「行政書士の受験勉強が一番」と割り切って、自分の仕事が終わればさっさと帰宅してしまっていたのですが、3年目ともなるとさすがに周囲の目が気になり始めます。

行政書士独学3年目、そろそろ本当に合格をキメないといけないところなのに
そろそろ仕事にも手を抜けなくなってきている・・・


早く合格してしまえばこれまで勉強していた分仕事に打ち込める(というか、今の仕事を辞める理由が出来る)のに、仕事で勉強がはかどらないから常に状況変わらず。
何だか悪循環というか、最高に効率の悪いことをしているなぁという感じでしたね。
予備校や通信教育を利用していれば、もう少し勉強面を効率良く進められたのかもしれませんが、このときは「行政書士試験は独学で!」にこだわっていた時期でしたので、色々な選択肢を見ようともしていませんでした。
意地になっていて、自分の勉強法を変えようとは思えなかったのです。
これも独学ならではの失敗でしょうね。

仕事と勉強の両立という問題に、結局私はどう対処したのかというと「朝活」でした。
終業後の学習時間はとても確保できそうになかったので、毎朝少しでも早く起きて早めに家を出て、会社近くのカフェで1~2時間程度勉強する習慣を身につけたのです。
行政書士試験に限らず、また独学であるかないかに関わらず、この「朝活」は社会人の資格試験に向けた受験勉強にはかなり有効だなと感じました。
オフィス街だったせいか、周りを見渡すと同じように朝活をしている社会人をたくさん見かけましたし、そういった姿を目にすることは良い刺激になりました。

勉強する社会人に朝活、これオススメです!